介護事務職の給料はいくらぐらい?

介護事務所で介護報酬の請求を行うのが
主な仕事の介護事務。最近ではその資格の取りやすさや
求人の多さから注目されている介護事務ですが、

 

だからこそ、その給料形態も気になるところですよね・
介護事務の給料形態は正社員か派遣社員かで大きく変わりますが、
全体に通常の事務に比べると少し低めと言えます。

 

多い場合は通常の事務仕事の給料より5万円ほど低いこともあります。
正社員の場合初任給は10万円から16万円前後が一般的です。

 

また、介護事務の仕事は介護ヘルパーと異なり、
大幅な昇給を見込めないことが多いと言われています。

 

長く続ければ20万円前後までの昇給が見込めますが、
訪問看護の人たちよりあまり多い方とは言えないでしょう。

 

また派遣社員の場合は時給換算ですので、時給800円から
1000円前後が殆どだと思います。

 

その代わり、介護事務の仕事には残業などのないことが多く
逆に手当の面でもあまり期待できません。

 

この給料の安さの理由には、介護資格が取得しやすく資格保有が
あまり給料面で有利に働かない点などが挙げられます。

 

また、介護事務の業務には資格保有を必須としない事務作業も含まれ、
多くの介護事務所では介護ヘルパーが介護業務と事務作業を
兼務していることが多いためだと思われます。

 

そのため昇給を目指すには資格取得以外にも、個人で地道に
勉強しスキルをあげることが大切です。

 

しかし、介護事務のニーズは今後ますます高まっていくため、
日本も給料形態についてはさらに見直しが進むことが期待されます。
だからこそ、将来性の高い仕事とも言えとは思います。