介護事務職の重要性 志を持って取り組もう

介護事務の主な仕事は、介護サービスにかかる費用の一部を
国に請求する、介護報酬請求です。

 

介護報酬請求には、厚生労働省によって定められた算出方法で
報酬額を算出し、決められた書類を正しく作成することが必要です。

 

介護事務はこれらの算出を正確に行い、介護サービスを受ける
一人一人について適正に介護報酬を請求することが求められます。

 

介護においては、介護サービスにかかる費用が
介護を必要とする人やその家族の家計を圧迫し
負担となる問題がありました。

 

また、介護保険ができる前の制度では、介護費用の国負担分の財源を
すべて税金で賄っていたため、高齢化の進む日本では、
いずれ対応できなくなるとの懸念もありました。

 

これらを解消するために導入された介護保険なので、
その介護報酬請求に関わる介護事務という仕事は、
とても重要な役割を担っているのです。

 

今後高齢化がさらに進むことが予測されるため、
その重要性も注目されています。

 

また、介護事務の仕事はこれだけではなく、介護事務所の経理や
介護ヘルパーの勤怠管理など、その運営に関わる事務仕事を
任されることもあります。

 

介護サービスを円滑に提供するために、介護事務という仕事は
とても意義ある仕事なのです。

 

介護事務には介護事務資格があり、殆どは資格を取得してから
介護事務になります。また、介護事務として働いた後に
ケアマネージャーの資格を取得したり、

 

逆にケアマネージャーとして働いている人が、スキルアップのために
介護事務資格を取得したりするなど、

 

キャリアパスの一つとしてとらえられることもあります。

 

それだけ介護事務の意義や重要性が、介護の世界では
これから注目されているということなのでしょう。