介護事務職の役割とは?

介護事務は、介護の現場において大きな役割を担っています。
その最も重要なのが、介護保険に関わる事務仕事です。

 

日本では2000年より介護保険という制度が導入されました。

 

介護保険とは、介護保険加入者を対象に、
介護サービスを受ける際にかかる費用の9割を
国が負担するという制度です。

 

これに伴い、介護事務所では被保険者に代わって
国負担分の介護サービス費用を請求する作業を、
介護事務員が行っているのです。

 

介護報酬の請求額は、厚生労働省から
ちゃんと算出方法が定められています。

 

ただし、被保険者が特別な措置を受けている場合などもあり、
介護事務員には介護請求に関わる様々な知識と経験を求められるのです。

 

介護保険制度は、介護サービスの柔軟性を増し、
介護を必要とする人がより平等に
介護サービスを受けられることを目的として制定されました。

 

介護を受ける人やその家族を守る制度でもあるため、
介護報酬の請求を行う介護事務という仕事は、
それだけ重要な役割を担っていると言えるのです。

 

これだけ重要な役割ですので、介護事務には資格があり、
殆どの介護事務所では資格取得を採用の必須条件としています。

 

介護事務資格自体を取得することはそこまで難しくないため、
介護事務としてスキルアップするにはさらに別の資格を取ったり
経験を積んで知識をため込んだりする必要があるでしょう。

 

日本は高齢化が今後ますます進んでいくことが予測されます。
それに伴って、介護事務の役割の重要性とその必要性も
今後さらに伸びることが期待されます。