介護事務職の勤務時間は、実際どう?

介護事務は主に介護事務所や病院や老人ホームなどに就職します。

 

介護事務の仕事内容は、介護報酬の請求やリハビリテーション計画の作成など
事務作業がメインで、勤怠時間は固定の場合が殆どです。

 

正社員か派遣社員かに関わらず、フルタイムの場合は、
だいたい9時から17時または18時までが一般的です。
残業なども少ないでしょう。

 

パートタイムの場合はこれよりも短くなります。
介護事務は今そのニーズが非常に高くなっている仕事です。

 

そのため、勤務時間もなるべく長くフルタイムで働ける人を
雇用するケースが多いですが、その反面ニーズの高さから
パートや派遣での雇用も少なくありません。

 

給料面であまり優遇されていない代わりに勤怠時間が短く、
休日も土日、お盆、年末年始などが保障されている為、

 

子育て中の主婦や事情によりフルタイムで働けない人が
介護事務の仕事を選ぶことが多い傾向にあります。

 

介護事務の仕事に就くには介護事務資格を取得することが大切ですが、
中には就職後の資格取得を前提とする場所もあり、

 

介護事務の仕事をしながら資格勉強をするケースもあります。
また、介護事務の資格以外にも医療事務や介護ヘルパーなど、
介護事務員として働き始めてから資格を取得するケースも珍しくありません。

 

このような場合、勤務時間が固定で資格勉強の時間が確保できるのも、
介護事務の利点と言えるでしょう。ただし、介護報酬の制度自体が
今後さらに見直される可能性もあるため、

 

介護事務の仕事内容や給料形態、勤務時間についても
今後変わっていくかもしれません。