介護事務職は具体的にどの様な内容を指すのか?

介護事務の主な仕事は、介護報酬と呼ばれる
介護保険の国負担分を、被保険者に代わって算出し
請求する介護報酬請求業務です。

 

介護報酬の算定方法は厚生労働省によって定められていますが、
被保険者の状態や自治体によって請求できる項目が
色々と変わってくるため、

 

それらを正確に判断する必要があります。

 

請求には決められた形式の書類を作成し、
国民保険団体連合会へ提出します。

 

書類内容に不備があると国民保険団体連合会での
審査に通らないため、作成には正確性が求められます。

 

介護事務資格を取得するにあたっては、
これらの算定方法を勉強し身につけておくことが必須です。

 

より正確性を求められるからこそ、
資格保有を前提としている場合が多いのです。

 

このほかに、介護報酬ではなく被保険者に対して、
介護サービスへの費用を請求するのも介護事務の仕事です。

 

その為、経理についての知識を必要とするケースも多く
計算能力の高さも求められます。これ以外にも介護事務員の
大きな仕事の一つが、リハビリテーション計画書の作成です。

 

介護報酬の算定においては、このリハビリテーション計画書も
材料の一つとなるため、作成は慎重にまた正確に行うことが求められます。

 

リハビリテーション計画書は3ヶ月後ごとに見直すことが義務付けられており
介護事務は被保険者本人やケアマネージャーと連携して作業を行います。

 

この他にも、ケアマネージャーの仕事をサポートしたり、
介護ヘルパーの勤怠管理や給与計算など事務所の運営に
かかわる仕事をしたりすることもあります。

 

その為、介護事務の資格はケアマネージャーを目指す人が
取得することもあり、とても有益な資格と言えます。