介護事務職に勤める為のルートはどの様なものがあるのか?

介護事務になるには、介護事務所などへ事務として
就職するのが最も一般的です。

 

ただしその場合、介護事務資格を保有していることを
前提とした求人が殆どですので、まずは介護資格の取得を
目指した方が良いでしょう。

 

中にはまだ資格を保有していなくても、就職後に取得するのを前提に
採用してくれるケースもありますが、あまり多いとは言えません。

 

介護事務資格の取得には通信教育やスクールなどの方法があります。

 

通信教育などは、すでに別の職についていて転職を考えている場合や
専業主婦として家庭に入っている場合でも資格の取得を目指せるため、
自分にあった方法を選ぶと良いでしょう。

 

これが取得できたら次は求人などで就職先を探します。

 

通信教育を提供している会社やスクールによっては、
資格取得後就職先を斡旋してくれる場合もあります。

 

介護事務の主な就職先は介護事務所や老人ホーム、病院などです。

 

ただし、1か所で多くの介護事務員を採用することは少なく、
より就職を有利にするには同時に医療事務や
ホームヘルパーの資格を取得すると良いでしょう。

 

正社員としての就職が難しい場合には、派遣での仕事もあります。

 

医療や介護関係の派遣を行う会社は多くあるため、
まずは派遣員として登録し派遣先で介護事務の仕事をすることができます。

 

ただしこの場合は資格保有が必須であったり、
経験者のみを対象としていたりすることも多くあります。

 

いずれにせよ、介護事務としてキャリアアップするには
個人で資格を取得したり勉強したりすることが何より重要です。