介護事務職の魅力とは?

介護の世界で働く介護事務。非常に厳しくもあります。
その仕事内容は、介護保険によって国から支給される
国負担分の費用を、被保険者に代わって請求する事務手続きです。

 

介護保険とは、介護サービスを受ける際にかかる費用の
9割を国が負担してくれる制度です。

 

介護事務はこの請求分の計算を行って資料を作成し、
被保険者の代わりに国に請求します。

 

また、介護事務は介護の現場ではなく、
介護事務所などで働く場合が殆どですので、

 

各事務所の事務仕事を行うことも多く、
中にはヘルパーの勤怠管理など責任ある仕事を
時には任される場合もありますが

 

このあたりの制度も色々と見直しをされています

 

また介護事務には国家資格がなく
民間の資格が複数あります。

 

介護事務所の多くは、介護事務資格の保有を
前提条件にしているところが多いため、
資格の取得は必須と言えるでしょう。

 

介護事務所にもよりますが、勤怠形式は
フルタイムのものからパートタイムのものまでさまざま

 

自分のライフスタイルに合わせて勤務時間を選べるのも
魅力の一つと言えるでしょう。

 

介護事務の最も大きな魅力の一つが、そのニーズです。
日本は世界的にみても高齢化が進んだ社会です。

 

医療が発達している現代では、その傾向は
ますます進んでいくと言えるでしょう。

 

これに伴い、介護サービスを受ける人は団塊の世代も増え
ますます増えることが予測されるため、介護事務のニーズも
自然と高くなっているのです。

 

介護事務には資格取得が必須ですが、
そのハードルは決して高くありません。

 

その重要性と必要性が今後ますます高まることが期待されるため、
介護事務は今とても注目されている職業の一つなのです。
給料がめちゃくちゃ高い訳ではないですけどね・・

 

PR広告 ガールズワーカーのfacebookページ

更新履歴